どのように家賃は決まるのか

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

家賃査定の仕組みを簡単にご紹介します。不動産によって各社独自の基準で家賃査定をしていますが、本当の査定をするためには国家資格である不動産鑑定士にお願いするのが一番でしょう。なぜなら、明確な基準をもって各社不動産業者は査定をするものの、どうしても担当者の好みなども反映されやすくなります。一方で不動産鑑定士は、周囲の物件の相場は関係なく、その家そのものの価値を時価や理論的な数字の計算によって算出することができます。ただし、その価格は市場の動きが正確に反映されていないこともあるためあくまでも純粋な物件の価値を知るために利用したほうが良いかもしれません。

不動産業者はコンペア式と呼ばれる査定する物件と似ている条件の物件がどれくらいで査定されているのかを基準の一つにしてさまざまな角度から比較し適正価格を決めていくという方法がとられます。また、もう一つの方法として、多数ある類似物件の実際の家賃と、査定対象の物件を比較して算出する方法です。コンペア式よりも多くの物件を対象とするので平均的な金額が算出しやすいともいわれています。いずれにせよ、少しでも良い条件で貸し出したいという場合には複数の不動産業者に査定を依頼するのが良いでしょう。

便利な見積もりサイト

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

家賃査定を数々の不動産にいちいち依頼していたのでは多くの時間と労力がかかってしまいます。そこで注目されているのが、マンションなどの賃料査定が一括で出来るサイトの利用です。査定サイトを利用すると簡単に複数の不動産へ査定の依頼ができますし、各社の査定額の比較も簡単にできます。また、不動産によってどこのポイントに注目しているのかの特徴も出てきますので、自分と同じ価値観の不動産を選ぶこともできるでしょう。

一つの査定結果に大きく左右されることなく、自分の意志を通すことも比較的容易ですので、大変便利なサイトといえるでしょう。査定サイトに登録されている不動産もすでに選別されて信頼できる不動産ですので、一から信用できる不動産がどこかを探す手間も省けます。

不動産業者の査定が思ったより低い場合にはその原因を良く探り、少しでも物件の弱点をなくすように改善することもできるかもしれません。すぐに賃貸として貸し出しを考えてはいなくても、今後の運用のために現在の価値を知っておくという理由で査定を利用する方も少なくありません。将来今住んでいるマンションを賃貸として貸し出す時のために、家の状態を少しでも良いものにしておくにはどうすればよいかを知ることができるでしょう。

マンションの家賃査定で適正な家設定

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

マンションのオーナーになろうと思っている方が最初に悩むこととなるのが、いくらの家賃に設定するかということかもしれません。いざマンションを貸そうと思うと、どれくらいが家賃の相場なのかすぐにはイメージがつかないことも多いでしょう。相場よりも高ければ当然借り手はなかなか見つからないこともあるでしょう。逆に安すぎるなら借り手はすぐに見つかるかもしれませんが、必要な分だけ家賃収入として見込めないという事態にもなりかねません。そこで、適切な家賃を把握して、それを基準にして自分が貸し出したいマンションの家賃を設定していく必要があります。

正しい家賃査定をするための一つの方法は、根拠なく家賃を決めるのではなく、複数の業者が査定しても同じ結果が出るくらいの明確な基準があるとよいでしょう。何となく、周りのマンションの家賃と比較してそれらしい家賃に設定するのではなく、明確な基準に基づいて設定することには大きな意味があります。家賃はもちろん毎月の収入源となりますので大切なものですが、それに加えて物件の価値を大きく左右する基準ともなるのです。例えば2000円くらいの差であったとしても、取引の際の価格としては数百万円もの差ができてしまう可能性もあります。ですから、なんとなく雰囲気で決めた家賃で設定してしまうのは大変危険といえます。適正な家賃を設定するためには、間取りや立地、設備などいろいろな条件をしっかりと家賃査定することが不可欠なのです。